中村一義 黒男 歌詞

作詞:
中村一義 nbsp;

作曲:
中村一義

深夜、午前0时。あの钟が响く。
それと同时に奴が现れる。
まばたきもせずただ、行く先を睨む。
真红のスカーフ以外の容姿は、ほぼ黑ずくめ。

で、今日の正午0时。あの钟が响く。
それと同时に人は噂する。
“格が上の者であれ绝对、食ってかかる。
钢铁より顽固なあいつは、あの黑ずくめ。”

未来なんて思い通り?って、バカ言っちゃ困る。
そうさ、未来だってどこだってな、奴はついて回る。
そうさ、未来は君が思うよりも、本性を暴く。
故に、未来は君が思うよりも、ほら奴を好む。

‘黑男’と呼ぼう、彼を。

明日の午前0时。また钟が响く。
それと同时に俺は奴と话そう。

背に迫る、奴の足音だけを闻く。
“今だ!”と振り返っても、
谁もそこにいない。

时代なんて思い通り?って、ホラ吹いちゃ困る。
そうさ、时代なんていつだってな、奴はそこにいる。
そうさ、时代は君が思うよりも、空っぽを叩く。
故に、时代は君が思うよりも、ほら奴を好む。

‘黑男’と呼ぼう、彼を。
‘黑男’って名の、俺と。

==

- スポンサーリンク -