中村一義 銀河鉄道より 歌詞

作詞:
中村一義 nbsp;

作曲:
中村一義

大空に全てを逃がしたら、ほら、もう森は本当に闇だよ。

残っていたのは、大切なことだけ。
右手にあるのは、笑颜の数だけ。

谁もが呗っていた爱を、希望を、まだ忆えてるのなら、
あの银河铁道を呼んで。
消えることのなかった爱を、希望を、
また呗えるのなら、君とあの时を行こう。

さぁ、星には夜を、で、夜には闇を、闇に光よ、走り出せ!
星には夜を、で、夜には闇を、闇の光よ、间に合ってくれ!

もう一度、君に出会えるから、また星空の旅路に戻るよ。

わかっていたのは、单纯なことだけ。
左手にあるのは、泪の数だけ???。

谁もが呗っていた爱を、希望を、まだ忆えてるかなぁ?
この银河铁道の真下、仆等が呗っていた街が见えるよ。
最果てで、また呗おう?サザンクロウスの向こうで???。

终着驿で歌が出来たよ。
君が听いてる、‘银河铁道より’。

二人で呗っていた爱を、希望を、まだ忆えてる。
だから、また银河铁道に乘って、
笑いや泪を散りばめ光った银河を下って、
また、仆等の街で呗おう。

さぁ、星には夜を、で、夜には闇を、闇に光よ、走り出せ!
星には夜を、で、夜には闇を、闇には朝を。汽笛よ、响け!

-君は仆の心にいる。仆は君のそう、心に。-

もう君は、目の前にいないけど、
また今日、仆は君と呗えるだろ?

==

- スポンサーリンク -