中村一義 流れるものに 歌詞

作詞:
中村一義 nbsp;

作曲:
中村一義

‘空を流れるものに、いつかは偶然、出会うのだろう。’

油断したって两目に飞び迂むように、全景を覆いつくすは田园。
无限のように流れる黄金色。

それに对する上空のだんだん云に、见とれているうちに、
ついに气付かされたよ。

これは镜だと。

空を流れるものに、いつかは偶然、呗うのだろう。
音が流れんだ、脑里に。いつかは当然、届けるだろう。

ほら、君がいて仆がいる。本当はそれで十分なのに。
あらまぁ、それにフタしちゃって。

街にいたって两目闭じりゃ、もう自然に、全景を覆いつくすは田园。
无限のように流れる黄金色。

あ、肌で感じた镜のように映っただんだん云に、鸟。
あの鸟はこの地上を舞う仆だろ?

空を流れるものに、いつかは偶然、叫ぶのだろう。
文字が流れんだ、脑里に。いつかは当然、届くのだろう。

ほら、君がいて仆がいる。本当はそれで十分なのに。
ほらな、まただ。フタしちゃって。

‘宇宙を流れるものに、いつかは偶然、出会うのだろう。’

音符が流れんだ、脑里に。いつかは当然、系がるだろう。
宇宙を流れる音に、いつかは全然、出会えるだろ?
宇宙とよく似た君に、今日こそ本音、呗ってもいいだろ?

ほら、君がいて仆がいる。世界はそれが起点なのに。
なんだかんだって言ったって、
欲しいものは变わりゃしないのにね。

(どうもこうも。)

==

- スポンサーリンク -