中島卓偉 花束とスーツ 歌詞

歌手:中島卓偉
作詞:中島卓偉
作曲:中島卓偉

私に花束をプレゼントしてくれるなら
どうかお願い 少しだけ遠い街の花屋で買ってきてほしいの
たった一度だけでいいから
私に似合う花をあなたの好みで選んでほしいの
リボン付けてもらったら 花言葉を聞いてね
私が一番好きなツイードのスーツで歩いてきてほしいの
その街から私の部屋まで あなた色の花束を胸に抱えて
会いにきてほしいの

あなたは恥ずかしがり屋だから 多分早歩きになってることでしょう
花束で自分の顔を隠すかもしれない
でもきっと素敵だから 絶対に素敵だから
スーツで花束抱えたあなたを思い浮かべるだけで
笑顔になれるの 素直になれるの
嬉しいはずなのに なんでかな? 涙が出るの

どうせネクタイは途中で外してしまうでしょう
花言葉も来るまでに忘れてしまうでしょう
こんなこともう二度とやだよって言うかもしれないけど
たった一度の願いを叶えて

あなたは恥ずかしがり屋だから 多分早歩きになってることでしょう
花束で自分の顔を隠すかもしれない
でもきっと素敵だから 絶対に素敵だから
スーツで花束抱えたあなたを思い浮かべるだけで
笑顔になれるの 素直になれるの
嬉しいはずなのに なんでかな? 涙が出るの

私に花束をプレゼントしてくれるなら
どうかお願い 少しだけ遠い街の花屋で買ってきてほしいの
たった一度だけでいいから
あなた色の花束と私が好きなツイードのスーツで
忘れてったハーモニカ また今日も聴かせてね
ずっと聴いていたいけど何故か刹那くなる
あなたはどんな顔で私に会いにきてくれるかな
たった一度の願いを叶えて
たった一度の願いを叶えて

My love will turn you on…

==

- スポンサーリンク -