七尾旅人 湘南が遠くなっていく 歌詞

作詞:
七尾旅人

作曲:
七尾旅人

电车に摇られ 鎌仓まで 紫阳花に 隐されながら
君の姿を探している 人波を かきわけながら
迟すぎた 男が 君を见つける

波间を摇れる ゆるされぬ恋 どうしても はなしたくない
强い日差しに 照らされるたび 砂浜に 影を伸ばして
夏が终わる その前に 君を抱きたい

湘南が远くなってく
ふたり遭难し续けてこのまま
まるで湘南ぬけたら何もない
不思议な地球仪のうえに
何度目かの夕立が

夕立が

言叶を忘れ ゆるされぬ恋 潮骚に 隐されながら
指先で砂 すくいとるたび 时の重みに
耐えかねて きしむよ ふたつの からだ

湘南が远くなってく
ふたり遭难し续けてこのまま
まるで湘南ぬけたら何もない
不思议な地球仪のうえに
何度目かの夕立が

Stay on my side No No No

时よ止まれ 时よ戻れ そして
ぜんぶ嘘だと言っておくれ
时よ止まれ 时よ戻れ そして
ぜんぶ嘘だと
どうか

==

- スポンサーリンク -