一青窈 パラソル哀歌 歌詞

歌手:一青窈
作詞:阿久悠
作曲:マリアンヌ東雲

昔 母が
父と別れて出て行く時に
坂道で小さく揺れた
白いパラソル

ふり返りたいのに ふり返らずに
くるりと回して消えた想い出

今 わたし
母と同じに男と別れ
夏の陽(ひ)が眩(まぶ)しいからと
白いパラソル

あやまちを詫びたら いい筈なのに
くるりと回して告げたさよなら

パラソルは女の言葉
パラソルは女の思い
悲しさあふれる背を隠し
わざと陽気に くるくる回す

母はどこで
愛を貫き生きてるだろう
今になり 浮かんで見える
白いパラソル

ひまわりがこぼれる一本道で
くるりと回した意地の心を

パラソルは女の言葉
パラソルは女の思い
悲しさあふれる背を隠し
わざと陽気に くるくる回す

==

- スポンサーリンク -