ムック ワルツ 歌詞

歌手:ムック
作詞:TATTOO
作曲:雅

空を見上げる僕の視界だんだんと薄れて
鉛のようなこの体 1ミリも動かない

消えかけてく記憶の中 一番素敵な時
降り注ぐ光の中に笑う僕らがいた

こんな大きな 夢を描く こんな小さな 僕がいる

不安で眠れぬ夜は、、、大好きなワルツを
壊れた窓が開いて 差し込む光は、、、

あの頃思い描いた 僕が今ここに居る
瞼の奥に滲んだ 僕だけのワルツを

こんな僕愛してくれた君に今手が届く
不器用なワルツを踊る僕はもう夢の中

==

- スポンサーリンク -