マキ凛花 ルビーの指環 歌詞

作詞 :松本隆
作曲 :寺尾聰
くもり硝子の向こうは風の街
問わず語りの 心が切ないね
枯葉ひとつの 重さもない命
あなたを失ってから
背中を丸めながら
指のリング抜きとったね
俺に返すつもりならば 捨ててくれ

そうね誕生石なら ルビーなの
そんな言葉が 頭に渦巻くよ
あれは八月 まばゆい陽の中で
誓った愛の幻

孤独が好きな俺さ 気にしないで行っていいよ
気が変わらぬうちに早く 消えてくれ

くもり硝子の向こうは風の街
さめた紅茶が 残ったテーブルで
襟を合わせて 日暮れの人波に
まぎれるあなたを見てた

そして二年の月日が 流れ去り
街でベージュのコートを 見かけると
指にルビーのリングを 探すのさ
あなたを失ってから

そして二年の月日が 流れ去り
街でベージュのコートを 見かけると
指にルビーのリングを 探すのさ
あなたを失ってから
Tu lu lu・ ・ ・

==

- スポンサーリンク -