ポルノグラフィティやがて哀しきロックンロール 歌詞

やがて哀しきロックンロール

ポルノグラフィティ
発売日:2012年9月19日
作詞 : 新藤晴一
作曲 : 新藤晴一
歌詞 :

時に棹させば流されて 遠ざかるばかりの人よ
涙も実にきれいね 思い出はまた飾られる

あれは十四五の頃 色も恋も遠い
少年をたたせたのは オーヴァードライヴ ミュージック
人知れずいけない本開くように ヘッドフォンして目を閉じた夜

やがて哀しきロックンロール
躍る胸も 揺れる影も 消えそうになってる

今夜ステージの上に立ち ご機嫌を窺いながら
変わらぬビートに押され 愛の歌でも 欲しがるかい?

理屈臭い話ばかりでごめんなさい
吐き出すほどの熱を持った言葉は
周りから煙たがられてしまうから 万事うまくやりたいものね

やがて哀しきティーンエイジ
輝く目も 滾る明日も くすまないように

今夜少しだけ張り切って 夢(きみ)の腰でも抱こうかと
気まぐれに伸ばした手を 強く抓られ引っ込めた

ずっと大人になった yeah 友の現在(いま)をチラ見しながら
少し苦くなった酒を交わしたら 明けきらぬ街を行く右手にロックンロール

こんな世の中に誰がした 本音出すのも憚られ
繋がりたいのよ君と 山場越えたあたりで
今夜ステージの上に立ち ご機嫌を伺いながら
変わらぬビートに押され 愛の歌でも 欲しがるかい?

==

- スポンサーリンク -