ピーヴィー・バロヲイ(大原さやか) Balancing toy 歌詞

歌手:ピーヴィー・バロヲイ(大原さやか)
作詞:Loco.
作曲:Gravity music

汚れてゆく闇の中 燃えるように咲き誇る Lonely Rose
砕け散った心には 光はもう届かないのだろうか

赤く染まった唇 甘く漂ってゆく Dangerous Flavor
憎しみで尖ってゆく 心が自分を傷つけてゆくの

すさんだ記憶 目の前をかすませる

私は 闇に操られて
揺らめくわ Balancing toy
歪んだこの想い 全てを壊してゆく

野蛮なこの景色 私を輝かせて
偽りの愛をまた 信じてく
本当の愛をまた 失ってく

泣き止まないこの空は 乱れた心を癒してゆく
歪んだ世界にいつか 最期の日が訪れるのだろうか

本当の愛 もう手の届かぬ場所

孤独の 闇を籠絡(ろうらく)して
揺らめくわ Balancing toy
運命の支配に 全てを委ねてゆく

恨みや憎しみは 真実を奪ってゆく
気がつけば 誰もいない ただ一人
消えかけた傷がまた疼きだす

C
私は 闇に操られて
揺らめくわ Balancing toy
歪んだこの想い 全てを壊してゆく

野蛮なこの景色 私を輝かせて
偽りの愛をまた 信じてく
本当の愛をまた 失ってく

==

- スポンサーリンク -