ピコ シンドローム 歌詞

歌手:ピコ
作詞:ピコ
作曲:ピコ

言葉重ねるほどに 君は苦しんで 僕は声を枯らす
素直になれなくて 「君のせいだ」って 嘘ついて泣いたんだ

見えなくなるまで小さく手を振って
これが最後かも… なんて思ったり

言いたいことなんてないさ でも会いたくて
傷つくことなんて分かってる
痛くなんてないさ 君と話したい
そんな僕を君は知っているのかな

初めて二人で撮った 写真の様な 笑顔はもう無くて
「ごめんね…」の一言で 強がりな心 声上げて泣いたんだ

それでも好きだと思ってしまうのは
君のことを嫌いに なりたくないから

言いたいことなんてないさ でも会いたくて
思い出にばっか縋ってる
痛くなんてないさ 君と話したい
そんな僕は君を知っているのかな

言いたい言葉ってなんだ わかってるのに
傷つくことばっか探してる
痛むのはなんだ あれ、おかしいな
僕は君のシンドローム

言いたいことなんてないさ でも会いたくて
傷つくことなんて分かってる
痛くなんてないさ 君と話したい
そんな僕を君は知っているのかな

==

- スポンサーリンク -