ビリー・バンバン 雨の組曲 歌詞

作詞:松井五郎
作曲:菅原進

陽の浅い空に
雲が筆を引くとき
花びらを散らして
落ちてくる桜雨

まだ若い恋は
ふいに壊れやすくて
急かすほど危うい
幸せは返り梅雨

ひとりではいられない
さみしさに雨が降り
ふたりなのに止まない
せつなさの雨が降る

風よどむ街は
時を払う静けさ
ぬくもりを重ねて
しのぐのは秋微雨

すぐ覚める夢に
糸を付けておこうか
一粒の涙で
心には片時雨

ひとりでは叶わない
ときめきに雨が降り
ふたりだから止まない
愛しさの雨が降る

ひとりではいられない
さみしさに雨が降り
ふたりなのに止まない
せつなさの雨が降る

==

- スポンサーリンク -