パジャマ旅行 歌詞 歳納京子(大坪由佳)&船見結衣(津田美波)

作詞:深青結希
作曲:若林充

まったりふたりもいいよね
なんてゴメン迷惑で
そんなことないよ別に
ラムレーズンは冷凍庫

わけあおうよ 美味しいもの
心細さ 広い部屋も
いつも強がるきみのそば
なんとなくいるから

おとなりでゴロ寝して
目を閉じ眺める世界
甘い香りに包まれて
いったりきたり出来たら
目覚まし時計よ鳴らないで
まだ始まったばかりの夢なんだ
どこまでもパジャマ旅行

また遊び来ていいよね
今度はみんなであつまろう
買い物は手伝ってね
レベル上げもしていこう

わけあおうよ 楽しいこと
許せるんだ わがままでも
いつも自由なきみのそば
なんとなくいるから

おとなりでゴロ寝して
目を閉じ眺める世界
曲がり角できみと出会う
ちょっと素直になれたら
目覚まし時計よ鳴らないで
まだにやける予定の夢なんだ
どこまでもパジャマ旅行

寝がえりの行き先に
ぬくもり感じていると
優しい風そよぐように
クスッて気配がしたよ
ずっと昔から変わらない
どんな思いの時も一緒だよ
さすらおうどこへだって

おとなりでゴロ寝して
目を閉じ眺める世界
甘い香りに包まれて
いったりきたり出来たら
目覚まし時計よ鳴らないで
まだただよっていたいよ夢の中
どこまでもパジャマ旅行

==

- スポンサーリンク -