チャンカパーナ NEWS 歌詞

発売日:2012 07 18
詞:Hacchin’ Maya
作曲:ヒロイズム
編曲:CHOKKAKU
歌詞:

深夜バスで君を見た息を飲むよな黒髪(増)
行き先は違うけれど俺は迷わず飛び乗る(小)
一人じゃ悲しすぎる夜さ誰かと話したかった(手)
君も嬉しそうだどちらからともなく(加)

手を握る
Baby チャンチャンチャンカパーナ
チャンカパーナ
痛いほど君が欲しいよ
もうジンジン燃えている
身体は止まらない

Baby チャンチャンチャンカパーナ
チャンカパーナ
頷いた君抱きしめた
恥じらうその瞳 狂ってしまいそう
夜の吐息の中 チャンカパーナ
チャンカパーナ

☆2番

バスを捨て(増)
二人は眠れる場所を探した(テゴマス)
恭しく服を脱ぎベッドに滑り込む花(コヤシゲ)
この世にも天使がいたのさ(増)
その肌に触れたんだ(加)
こいって好きなんて(小)
悪戯に言うから(手)

舞い上がる
Baby チャンチャンチャンカパーナ
チャンカパーナ
人生で一番おいしいもの
そうなんなん何度だって
君を抱いていたい

Baby チャンチャンチャンカパーナ
チャンカパーナ
まだまだ君が足りないよ
露わなその果実狂ってしまいそう
夜よ覚めないでくれ
チャンカパーナ

美しい恋にする(セリフ手)
美しい恋をするよ(セリフ加)
美しい恋をするから (セリフ小)
約束するよチャンカパーナ (セリフ増)

(大サビ手)
月が二人を探すから
今夜世界から身を隠そう
のぞいたその肌は
褐色の葡萄だね

Baby チャンチャンチャンカパーナ
チャンカパーナ
痛いほど君が欲しいよ
もうジンジン燃えている
身体は止まらない

Baby チャンチャンチャンカパーナ
チャンカパーナ
俺の腕にしがみついた
華奢なその肩に狂ってしまいそう
夜の吐息の中 チャンカパーナ

==

- スポンサーリンク -