ダイアモンド☆ユカイ 横浜ホンキートンク・ブルース 歌詞

作詞:
藤竜也

作曲:
エディー藩

ひとり飲む酒 悲しくて 映るグラスは ブルースの色
たとえばトムウェイツなんて 聞きたい夜は 横浜ホンキートンク・ブルース

ヘミングウェイなんかにかぶれちゃってさ
フローズンダイキリなんかに 酔いしれてた
あんた知らない そんな女 横浜ホンキートンク・ブルース

飯を食うならオリジナルジョーズなんて 聞いたふうなことをぬかしてた
あまいろの髪のサラって女さ 横浜ホンキートンク・ブルース

あなたの影を 探し求めて ひとりさすらった この街角
本牧あたりの昔話さ 横浜ホンキートンク・ブルース

革ジャンはおって ホロホロトロトロ バーボン片手に 千鳥足
ニューグランドホテルのあかりがにじむ
センチメンタル ホンキートンク・マン

ひとり飲む酒 わびしくて 映るグラスは 過去の色
あなた恋しい たそがれの 横浜ホンキートンク・ブルース
あなた恋しい たそがれの 横浜ホンキートンク・ブルース

==

- スポンサーリンク -