セレクション8(SKE48) 拗ねながら、雨… 歌詞

歌手:セレクション8(SKE48)
作詞:秋元康
作曲:ツキダタダシ

点線の雨が降る
モノクロの街に
ダイヤみたいな
ネオンが溶けて行く
乗車拒否をされたタクシーに
中指立てて
八つ当たりをしたって
もっと濡れるだけ

未来なんて
当てにならない
どうせあいつは未成年だって
誰かがチクったんでしょう
Why not?

拗ねながらRainy night(Rainy night)
生きることも嫌になって来るわ

頬が濡れているのは(わかるよ)
弱い自分
支えようとした
せいよ

人混みは苦手だよ
歩きにくいよね
誰も勝手で
ぶつかってしまうよ
報われないと知っていた
夢の残骸が
アスファルトに散らばり
靴に踏まれてる

命懸けて
愛していても
もう子ども扱いするのね
行方をくらますなんて
卑怯よ

拗ねながらRainy blue(Rainy blue)
笑うことも忘れてしまったわ
きっと
家(うち)へ帰れないのは(なぜだか)
ここにいれば
会えそうだからだろう
あなた…

拗ねながらRainy night(Rainy night)
生きることも嫌になって来るわ

頬が濡れているのは(わかるよ)
弱い自分
支えようとした
せいよ

==

- スポンサーリンク -