サンボマスター 青春のかけら 歌詞

歌手:サンボマスター
作詞:山口隆
作曲:山口隆

今夜 駅のホームで 君を見送って 長くわかち合えた日々が終わるのです
君が見せた後ろ姿に 僕は何にも呼びかけられない

青春のカケラを集めて二人は愛して
わかち合う この日々から 今僕ら 旅立つんだよ

青春を全てかけて それでも二人は愛し合った
だからこそ 君とみた全て 美しいと思いたいんだよ

ベルが 発車のベルが僕等を急かして 君はこんな時まで僕を気づかうんです
キミが差し出す 握手する腕が 重ね合わせた最後の手だったよ

青春のかけらを集めて 二人は愛して
かさね合うこの日々から 今僕等旅立つんだよ

青春の全てで それでも二人は夢を見た
だからこそ 君と見た全て 美しいと思いたいんだよ

ドアが閉まれば 君は本当にいなくなってしまうよ
君が手を振る姿を僕は見る 見るしかなかった

あの娘と列車が小さくなってく 僕はあなたに何もできなかったよ

青春のかけらを集めて 二人は愛して
わかち合う この日々から 今僕ら旅立つんだよ

青春を全てかけて それでも二人は愛し合った
だからこそ 君と見た全て 美しいと思いたいんだよ

==

- スポンサーリンク -