コンクリート Street 歌詞

作詞:マコト
作曲:マコト

揺るがない思いを 1つまた1つ重ねて道を急ぐ
さっきまでの憂鬱 roots に変えて僕は歩きだす
ポケットにつめこんだ未来は果てしなく明るいモノなんだ
強くたたいてみるんだ可能性の光で溢れてくように
人を愛し人に愛され何かを得て何かを失って
「強さ」とは何なのかを知るたびに大人に近づいてった
人を傷つけ傷つけられて何かを失って何か得て
「弱さ」とは何なのかを知るたびに大人に近づいてった
一人一人がつながって 今集まってゆくこの音が
まっ暗なこの世界に光を灯すよ
一つ一つの出会いが紡ぎあってできたこの道を
信じているから 歩き続けてゆくよ

一人で涙したあの日の夜も どうしょうもないなんて嘆いた夜も
白紙のページに流れ落ちたかけがえのない財産さ
いつかまた完成したアルバム 開く日が訪れるのであれば
始めから最後までつらぬいたんだって笑えるかな

心を閉ざしいつも泣いていた
あなたはそっと勇気をくれた
生きている意味さえわからないなんてすべてを壊した日々も
少しずつつなぎ直せばいい そう教えてくれた

めくるめく季節乗り越えて あざやかな花が咲くのだろう
苦しみや痛み乗り越えて優しさを知るのだろう
巡り巡る時の中 何も見えなかった この道を
照らしてくれたのは いつの日も あなたでした

==

- スポンサーリンク -