エレファントカシマシ Darling 歌詞

歌手:エレファントカシマシ
作詞:宮本浩次
作曲:宮本浩次

似合いのふたり?
流れる雲 俺はここさ
でも高まる癖 遠くばかりを見つめて歩く俺を
しなやかな初夏の風みたいな
やさしすぎるぜDarling
すれ違いばかりなのに

とまどいのふり
目と目が合って おまえ笑うから
やっぱ宝物 全部あげたい とびきりの心で
あの木々の光 輝く空も
でもなぜだろうDarling
悲しみが消えないんだ

みんなあこがれてるから“愛”
言葉だけ空回り
誰も見た事はない
でもふたりなにげない時が
いつの日かふと思い出すと
輝いてる不思議

心の窓はいつも開いてる
全部受け止めるぜ
泣いたり笑ったり
色んな事を心に集めて
こうしてどこまでも歩いて行きたい
なんて思ってる俺はDarling
身勝手な男なのかな

もどかしくて
涙が出そうさ
時計の針リセットして
ぶらぶら歩いて行こう

みんな尋ねあぐねてるから“愛”
イメージだけが先回り
もどかしいけれど
いつかふたり行った海の茶店
時が過ぎてふと思い出せば
かけがえのない時よ

似合いのふたり?
流れる雲 俺はここさ
でも高まる癖 遠くばかりを見つめて歩く俺を
しなやかな初夏の風みたいな
やさしすぎるぜDarling
すれ違いばかりなのに
歩いてくいつものふたり

==

- スポンサーリンク -