エレファントカシマシ – ズレてる方がいい

-RmdxlCXNA4o–
映画「のぼうの城」主題歌 エレファントカシマシ 新曲『ズレてる方がいい』歌詞 PV視聴 MV 動画:
発売日:2012-10-31
作詞:宮本浩次
作曲:宮本浩次
歌詞:
ああ 仮初の夢でもないよりはましさ
どうせ流す涙ならお前と流したい

旅の道づれは消えない理想さ
どこまで行っても行くあてのない魂

ああ 戦いにこだわって
敗れ行く定めでも
移ろうこの世間にゃあ
ズレてる方がいい

高鳴る胸を動かす物は何だ?
あの角曲がれば流れる熱い涙

変わらぬ光で空に浮かぶムーンライト
ひとりで眺める 揺れる街のあかり
明日に向かうぜ!

ああ お陽さまが昇れば
醒めてるふりをしてても
果敢ないこの浮き世にゃあ
本気な方がいい

気分のいい時は輝く街の景色
沈んだ心じゃあぶざまな繰り返し
光に向かうぜ!

ああ 仮初の夢でもないよりはましさ
どうせ流す涙ならお前と流したい

ああ 仮初の夢でもないよりはましさ
どうせ流す涙ならお前と流したい

ああ 戦いにこだわって
敗れ行く定めだとしても
移ろうこの世間にゃあ
ズレてる方がいい

ズレてる方がいい
表題曲「ズレてる方がいい」は、11月2日に公開される映画「のぼうの城」主題歌。
タイトルどおり“ズレてる方がいい”という強烈なメッセージを突きつける、エレカシの新たな代表曲と言える楽曲に仕上がっている。
映画『のぼうの城』は、歴史小説のファンだけでなく若者や女性の心をも掴み、
累計130万部を突破した和田竜の小説家デビュー作となる歴史小説「のぼうの城」を原作として映画化した作品。
映画化実現まで8年の歳月を要した大作である。
当初は2011年9月17日公開の予定だったが、「水攻め」のシーンがあることから、
東日本大震災による被害に配慮し、公開を延期していた。
戦国の大武将・豊臣秀吉にわずか500人の軍で挑み、
民から“でくのぼう”の意味で「のぼう様」という名で慕われた成田長親(ながちか)の波乱に富んだ人間ドラマが描かれる。

==

- スポンサーリンク -