イルカ 私は東京 歌詞

作詞:
イルカ

作曲:
イルカ

春になれば 今年もみんながやって来る。
希望と不安を こぶしに强く握り缔め
梦は决して こぼさぬように、心までも固くして
この街で暮らし始めるのね。爱おしい人よ…。

私は东京?花の都
そう持てはやされて 生きて来た
私は东京?母なる大地
今日からは あなたのふるさと。そう思って…。

春の雪に想うのは ふるさとの驿。
…それでいい。
残して来た人が恋しくて 挫けそうになるのね。
“この街は冷たい”と言われて、
いつも悲しくなるけど
泣いているのは一人じゃないと、
气が付いてほしいから…。

私は东京?花の都
そう持てはやされて 生きて来た
私は东京?母なる大地
いつでも あなたを包んでいるのよ

春を待たずに あの人は归って行った。
からっぽの部屋の中
梦は置き去りのままかしら…。
悲しい记忆。私にもあるけど。虹の彼方に隐して
いつの世までもここに居て、全てを见届けて行くでしょう。

私は东京?花の都
そう持てはやされて 生きて来た
私は东京?母なる大地
いつの日も あなたを 全てを 爱して…。
伤ついたこの国も 他の国も分け隔てなく
私は东京?母なる大地
いつの日までも 全てを 爱して…。
いついつまでも、ここに… 生きている…。

==

- スポンサーリンク -