イカ娘(金元寿子) 夕まぐれイカ時雨 歌詞

歌手:イカ娘(金元寿子)
作詞:島田カイエ
作曲:鈴木裕明

とめどなく溢れてく涙の雫
思い出すじゃなイカ!
夢…ひとひら… 刻(とき)…うたかた…

夕凪ぎ水面に映したオレンジ
誰かが忘れたみずいろサンダル

なぜか切ないでゲソ
季節を変える風
地上は秋の色染められ
波音変わるでゲソ

夕まぐれイカ時雨(しぐれ) 思いを馳せる
忘れえぬ海底 刻…うたかた…
にじむ空見上げたら広いじゃなイカ!
触手を伸ばすたび
夢…ひとひら…

貝殻集めて歩いた砂浜
両手にいっぱい海へ帰すでゲソ

このまま帰ろうか?
ふと考えるでゲソ
待ってる人がいるお家はあたたかい
そうじゃなイカ?

かけがえのない日々を重ねるでゲソ
地上には地上の 刻…うたかた…
戸惑えど侵略者 運命(さだめ)じゃなイカ!
海の底に花火あげるでゲソ

とめどなく溢れてく涙の雫
思い出すじゃなイカ!
還る場所へ…

夕まぐれイカ時雨(しぐれ) 思いを馳せる
忘れえぬ海底 刻…うたかた…
にじむ空見上げたら広いじゃなイカ!
触手を伸ばすたび
夢…ひとひら…

刻…うたかた…

==

- スポンサーリンク -