アンモフライト 夏色ドット 歌詞

作詞:
シライシ紗トリ

作曲:
津久井恒仁/シライシ紗トリ

LOOPしてる君の粒子

緩やかにカーブ 初めてのビーチ
大好きなサウンド 詰め込んで
僕らの季節が顔を出す

おろしたてシャツ 風もそよぐ
トンネル抜ける 肩揺らす
景色は見る間に変わっていく

無口な君の瞳 見つめて照れ隠した
本気になりそうなタイミング
少しづつあふれだしてる ランキングは急上昇?
願っていたよ こんなホリデイ

夏の日のある日恋をした 微熱ほどよくドキドキしてる
少し大人になった 横顔ときめく瞬間
振り返った水玉の スカートの裾が跳ねた
自動的にメモリーいっぱいのサマーデート
好きになったよDot

頬を染める 夕暮れの陽
時折のチャンス 伺った
水玉のスカート 追いかけた

飾り気のない 君のキスは
優しく夏の匂いがした
僕らの夏が始まってる

夕立ち 帰り道 ミラー越しの席に
濡れてる水玉が光ってた
また絶対こようって言った 君の笑顔は
出会って今までで1番だった

夏の日の君は大胆で 日射しよりずっと眩しくて
かなり素敵なシチュエーション すべて支配したい瞬間
揺れる髪 潮風に抱かれてた
夏の風物詩 もう少しお願い君とこのまま

夏の日のある日恋をした 微熱ほどよくドキドキしてる
少し大人になった 横顔ときめく瞬間
振り返った水玉の スカートの裾が跳ねた
自動的にメモリーいっぱいのサマーデート
好きになったよDot

好きになったよDot

==

- スポンサーリンク -