アンド Feather 歌詞

歌手:アンド
作詞:郁磨
作曲:けん

羨む顔で見つめてた空は 遥か彼方に
力無く地に跪いたまま 静かに鳴く

届かないあの空に見え隠れしていた
憧れにはまだ遠く

羽は雨に濡れ 羽ばたく事を忘れていて
俯いたまま未来怖れて 過去に縋り 朽ちて行く
君が弧を描き 舞い上がる空をどこまでも
見続けてたい 君だけの夢 羽はすでに乾いてるから

羽ばたきを止め 目にする世界は小さく狭い
自分の事も信じてやれずに 大地を行く

その腕に抱えてた大切な夢さえ
落とされ沈めていた

いつか見た夢は 足下に落ちてなんかない
足りないモノは分かってるはず
過去は捨てて前を見て
君が弧を描き 舞い上がる空をどこまでも
見続けてたい 君だけの夢 羽はすでに乾いてるから

流れゆく雲 その間に
ねぇ 見えてるだろ あの日の夢

風が空高く 吹き上がり君を連れて行く
ほら大丈夫 身体任せて 進む道は見えている
雨が降り続き 立ち止まる時もあるけれど
止まない雨は 無いと知ってる
晴れた空に架かる橋 さぁ!

==

- スポンサーリンク -