アンジェラ・アキ factory 歌詞

歌手:アンジェラ・アキ
作詞:アンジェラ・アキ
作曲:アンジェラ・アキ

目覚める場所はfactory かいつまんだ僕のhistory 機械が家族だ
毎朝ベルトに乗って 僕は組み立てられていく まともな人間に
社会に馴染めるように 器用に振る舞えるように

愛想笑いを装着 性格のねじをきつく締め 飛び出せ 世間に
電車で足踏まれても 暴言吐かれても平気さ 自制機能ついている
全てが揃っているけど 何かが足りない気がする

鉄のプライド アルミの夢は
完璧な機能 無駄がないのさ

君を見た時shutdown 処理不可能になりlockdown どういう事だろう
緻密な僕のハートが 勝手なリズム打ち始めた カオスのシンフォニー
油をさしても動かない 煙と共に警告音

鉛で出来た思考回路が
恋の融点迎え溶け出す

コンクリートのような表情
粉々に砕きたいんだ

本当の僕がいま目を覚ます
情熱や愛にメカニズムはない
完璧じゃないから美しいんだ

==

- スポンサーリンク -