アシガルユース 189の夜空 歌詞

歌手:アシガルユース
作詞:アシガルユース
作曲:アシガルユース

あぁ着慣れないシャツに 今も捨てきれない夢を持ち
僕がいる場所より遠く感じる君を見てる

涙に彩られている君

こらえ涙がそっとこぼれ落ちて僕の頬で一つの道となった
もう戻れないこの道 流れる時示すように
だけどまだ僕の 想いは 今でも 残ってる

あの日君は僕と二人の名を刻んだ指輪
僕に返した時 微かに微笑んだ

つくり笑顔も僕は出来ないまま 君の指に残った跡見つめた
愛し合った日の軌跡 嘘じゃないと示すように
だけど少しずつ 君の 中から 消えていく

かける言葉さえも見つけられず
ゆれる二人の背中を見送る
扉をくぐってしまえば 永遠の別れとなる
だけどまだ僕の 想いは 今でも

こらえ涙がそっとこぼれ落ちて僕の頬で一つの道となった
もう戻れないこの道 流れる時示すように
だけどまだ僕の 君への この想いは …サヨナラ

==

- スポンサーリンク -