アシガルユース 失意Freeze 歌詞

歌手:アシガルユース
作詞:アシガルユース
作曲:アシガルユース

君のバースデープレゼントを探し求めて 週末のムードに浸る街へ出る
君が欲しがってた空色のスニーカーは 確かそこの角曲がった店にある

突然の違和感に僕の視線は誘われ
振り向いた先で君は知らぬ男と歩いていた

フルスロットルで思考が回り揺るぎない日々が
愛おしいほどにこぼれていく
止めどなく君と飼い慣らした信じるという感情は もろくも崩れ瓦礫になった

皮肉にも初めて見る事になった君の 赤いヒールとその他の跡をつける

予想外の出来事に頭は打ち付けられる
二人は君の部屋のドアの中吸い込まれた

失意フリーズして思考が止まり暖かな日々が 愛おしいほどに溶けていく
止めどなく君に繋ぎ止めた信じるという感情は いとも容易くあぶくになった

フルスロットルで回し続け 煙吐いた頃 気付けばドアの前に立っていた…
果てしなくゼロに近い希望のドアに手伸ばした時に
二人の声が聞こえてきたのさ

フルスロットルで焼きつかせた 頭でも分かるような
何気ない姉弟の会話だった

==

- スポンサーリンク -