アイドリング!!! 苺牛乳 歌詞

苺牛乳

アイドリング!!!
作詞 : Makoto Miyazaki
作曲 : Makoto Miyazaki
歌詞 :

海へ続いてるこの道
自転車こいだら
帰るキミを見つけた

神様の悪戯なんかじゃなくて
同じタイミングで学校を出ただけ

駅まで10分二人きり
とりとめのない世間話
ノリで買った苺牛乳
思ったよりもウケなくて沈黙

花火が突然弾けた勢いで告白
鳴り響く音に言葉かき消されて・・・
見上げた夜空に広がる星に願い込めた
キミと叶えたいストロベリ→Days

隣り歩くキミの姿
信号見るふり
ふと視線がぶつかる

いつもと何か違う気持ち気付いちゃったんだ
鼓動が高鳴る夕暮れ時

沈黙→せきばらい→沈黙→苦笑い
その繰り返し
水平線のオレンジが
段々小さくなってまた沈黙

花火が弾けたそのとき左手を伸ばした
右手には苺牛乳ほんのり冷たい
甘くてすっぱくて切ない味が思い出させる
キミと描きたいストロベリ→Days

砂浜の足跡 (近くて遠い距離)
ずっと (それじゃ)
少し物足りないんだよ

生まれ変わっても必ず
糸をたぐり寄せ見つける!

窓の下から見るキミの
頬に跳ね返るスパーク
いつまでも目に焼き付き離れないの

花火が突然弾けた勢いで告白
鳴り響く音に言葉かき消されて・・・
見上げた夜空に広がる星に願い込めた
キミと叶えたいストロベリ→Days

伝えたいそっと
“Fall in Love”

==

- スポンサーリンク -