ゆずひこ feat.初音ミク 先天性ブリキ症候群 歌詞

作詞:
青田新名 a.k.a ゆずひこ

作曲:
青田新名 a.k.a ゆずひこ

パパもママも居ない孤独な私の心(セカイ)
光も届かない真っ白なこの部屋から
誰か私を連れ出して

ゼンマイをギリギリと巻いて
もて遊んだブリキの椅子
アリス中毒の部屋の隅で
ばら撒いたトランプで遊ぶ

心臓の縮小は早くて
痛みはもう脳髄に達す
残された時間は短く
純潔のまま死ぬのでせう

機械仕掛けの恋
プログラムされた愛
お気の毒さまね
向ける相手はもういない

白いシーツの上
赤い花弁が散るの
抱いた人形から
こぼれるナミナミダ

錆ついたブリキの私

日々硬くなっていくこの体
可愛くないブリキの胸
金槌で形作りましょう
デカダンに付け込まれぬよう

ある日白衣を着た大人たちがぞろぞろ
グリグリと願うこれは悪い夢だったと

死へと向かう日々にしたためた手記を君へ
(わたしが死と、ブリキと向き合う日々を)
16まで生きた私のことをただ
知って欲しかったのでせう

土に還る日を待ちわびていたのか
黒衣着た大人たちが無表情でした

未練があるとすれば叶わぬ願いを抱き
(脳髄が晴れ渡る)
花を咲かせたままブリキの人形に
なってしまうことでせうか

誰か私を壊して下さい

==

- スポンサーリンク -