はちようび ころがり 歌詞

作詞:谷川真也
作曲:谷川真也
歌詞 :

ころがり ころがり うたう うたう
あたたかい あたたかく
差し込む太陽虹色で

労働と汗 缶ビール片手に
唾吐いて 吐き捨てて
いつかの殴り描いたラクガキ空
焼けこげて 焼け落ちていく

ころがり ころがり うたう うたう
あたたかい あたたかく
差し込む太陽虹色で

見知らぬ大地の上 鼓動の言葉を聞いていた
ここが何処かも分からない 旅人よ
歩け 歩け

冷めた世の中が列をなしている
俺にはそんなにヒマがないんだ
あーだこーだか知らないが
俺にはそんなにヒマがないんだ

形の無い夢の中 言葉にならない夢の中をゆく
朝が来るたび笑ってる
今から始まるといつも笑ってく

ころがり ころがり うたう うたう
あたたかい あたたかく
差し込む太陽虹色で
ころがり ころがり 繋がれる事なく心
ころがり ころがり うたう
あたたかい あたたかく
差し込む太陽虹色で
ころがり ころがり 時を超えて話しかけるぜ
あたたかい あたたかく
差し込む太陽虹色で
ころがり

==

- スポンサーリンク -