におP feat.初音ミク 遠い空 歌詞

作詞:
におP

作曲:
におP

二人、それぞれ違う道で笑っている
そう決めたこと
君の声がいつもより少し
震えていたこと

ひとつ残らず覚えている、大事なこと

一緒に見上げる空は蒼く
澄み渡っていた
君の言葉より長い飛行機雲は
細く千切れて溶けた季節
さよなら、潤んだ目で、また。

今日も詰まらないことで
疑ったりして傷付け合う
こんなままで良いのかな、なんて
答えは分かっている

ひとつ残らず零れていく、大事なもの

静かに見上げる蒼は
くすんで見えなくなって
いま、僕よりも早く泣き出した空
遠く離れた君も同じ気持ちで
想いでいる、きっと。

繋がっているから、と
信じ、願い続けて
見つめた先には、伸ばした指の先には
もう光さえない

君を呼ぶ声は白く濁って
小さく消えた
いま、僕よりも早く泣き出した空に
笑う君の顔をまた浮かべて
仕合わせ祈っている、ずっと。

==

- スポンサーリンク -