しおり 一歩 歌詞

歌手:しおり
作詞:Siori
作曲:Siori

夕日が静かに過ぎてゆく 滲んだ空を包むように
遠くへ伸びた君の影は 悔しさこらえて震えていたね
がむしゃらに追いかけてきた夢は こんなにも儚くて届かなくて
信じる思いさえあれば 何度でも強くなれる

空を見上げて 風を感じて
もう一歩 あと一歩 ふみ出してみようか
いつか 流した涙の粒は 希望となって帰ってくるだろう

オレンジに染まるグラウンド 涙はここに置いてゆこう
明日はいつもの君がいる ほどけた靴ひも結び直して
ひたすらに走り続けた夢は こんなにも切なくて愛おしくて
どんなに長い道のりも ほら その足を上げて

空を見上げて 風を感じて
もう一歩 あと一歩 ふみ出して行こうか
いつか 夢に向かう足あとが 君の明日を変えてゆくだろう

空を見上げて 風を感じて
もう一歩 あと一歩 ふみ出してみようか
いつか 流した涙の粒は 希望となって帰ってくるだろう

空を見上げて 風を感じて
もう一歩 あと一歩 ふみ出してみようか
いつか 流した涙の粒は 希望となって帰ってくるだろう

希望となって帰ってくるだろう

==

- スポンサーリンク -