さだまさし 糸遊 歌詞

歌手:さだまさし
作詞:さだまさし
作曲:さだまさし

風に漂う蜘蛛の糸 木漏れ日に光る
春の日の蝶のように ふわりと花片
言葉足らずより言葉過ぎる方が
心に痛い
言わぬ事よりも言えぬ言の葉が
胸を焼く

糸遊(かげろう)ゆらり

風に抗う術もなく 思いに声もなく
密かに身を焦がす 片恋の螢
見えるものならば 見せもしようもの
心は見えず
触れられるならば 触れもするものを
届かぬ思い

糸遊ゆらり

夢に見るだけで 構わないのなら
傷つきもせず
捨てられるならば 護らないものを
愛しき矛盾

糸遊ゆらり
糸遊ゆらり
糸遊ゆらり

==

- スポンサーリンク -