さだまさし もう来る頃… 歌詞

歌手:さだまさし
作詞:さだまさし
作曲:さだまさし

心の奥で
わだかまっていたことがある
なぜ自分だけ春まだ遠く
報われない毎日
切なくなって
何もかも投げ出してしまいそう
悲しいような悔しいような
虚しい気持ちでいたけれど

もう来る頃って
信じてみればいい
君にそう言われた時
光が見えた

もう来る頃
もう来る頃
その角をホラしあわせが
笑顔で曲がってくる

心の隅で
ふと疑っていたことがある
自分が生まれ生きていること
何の意味があるのだろうかと
悩んでいたら
光が差すように君は歌う
誰でもみんな 同じ悩みを
抱いて生きていると

もう来る頃って
信じてみようかな
君の笑顔に触れて
勇気が生まれた

もう来る頃
もう来る頃
その角をホラしあわせが
笑顔で曲がってくる

もう来る頃
もう来る頃
その角をホラしあわせが
笑顔で曲がってくる

==

- スポンサーリンク -