くるり argentina 歌詞

歌手:くるり
作詞:岸田繁
作曲:岸田繁

雌しべと雄しべが ふれ合う季節 さながらに
ただよう陽炎 ヘッドライトに
照らされたまま 消えていった

儚いランデブー 魔法の言葉 聞こえたら
サテンのドレス 闇のさなかに 妖しくひかる argentina

仮面の奥に 潤んだ瞳の雫 ひとつ
このグラスに注いで 赤いルージュを引いて
japonesiaへ連れて行って

地球の裏側 ライムライトに照らされた
摩天楼の かりそめの夜 裏切りの朝 argentina

ほれ見いや 赤いメトロの中は 東京

==

- スポンサーリンク -