きだまきしとTake It All JAPAN(葉山洋三/千雲丹子) 海といつまででも 歌詞

作詞:
脇谷糸子

作曲:
ドン工作

▲海に浮かんだ月の 金色の光の川を
静かに横切る戻り鲣
△海の砂浜に二つ 并んで寄り添う影法师
何だか分からない兽のうなり声が闻こえた
▲△忘れてたあの夜の结构大事なエピソード
思い出した无理に今 あの时の恋を

▲すみちゃん
△宏美だけど
▲いやあ、いいんだよ
△よかないわよ
▲觉えているかい?あの夜の、海に浮かんだ月
△いや、あんまし…觉えてないんだけど…
▲いやあ、いいんだよ
△え、いいの?
▲いいんだいいんだ
△あ、いいんだ
▲ぼかあ、二人の子供の名前考えたんだよ
△まあ、せっかちね。でも闻きたいわ
▲海に浮かぶ月って书くんだ…
△ああ、それ、いいかも
▲海の月って书いて“みづき”
…いいだろう?
△いいけど
…それって“くらげ”って读むんじゃ?

ト书き:波が碎けて
▲海の男はよ
▲△クラゲが嫌い

▲→叶山洋三≒加山雄三
△→千云丹子≒岩崎宏美

==

- スポンサーリンク -