〆5 夏色ロンリーデイズ 歌詞

歌手:〆5
作詞:〆5
作曲:赤髪

遠く遠くに
落ちていく夕日と
街を包む 夜の帳
振り返り
思い出す 夏の記憶
男だけで 過ごしてた

プールなんて 目もくれず
一人きりの部屋で
メッセージはチャットで送って
心の奥が 冷える夜は
深夜アニメ 実況した

ありがとう 夏の日
巡る時の中
心にそっと 刻まれた
いつの日か 僕らが
大人になっても
忘れない あの日の夕焼けを

花火の音
光に包まれて
抱きしめあう恋人たち
振り返り
届くはずのない世界
分かち合う 仲間がいた

あの夏の日々 君と喧嘩
理由なんて覚えてない 気に留めんな
これが証 胸のポケットの中にしまう
あの日語りあった花火
朝になるまで語り合うだけ
無駄に集まっていつもクタクタって
また訪れる夏 この風景はあるかな
きっと思い出のあの場所で待つから

さようなら 夏の日
花の葉の色が
変わる様に 日々は過ぎて
陽炎が 僕らを
大人に変えてく
だけど 嗚呼 想いは消えないまま

さようなら 夏の日
巡る時の中
握れる手も見つからない
独り身の悲しさ
分かち合う辛さ
伝えたい まだ見ぬ恋人に

==

- スポンサーリンク -