佐々木基晴 相撲甚句 歌詞

作詞:不詳
作曲:不詳

ハアーアーア アーエ
(ハー ドスコイ)
山を集めて甚句に読めばヨー
(ハー ドスコイ)
ハアーアーア 三国一なる富士の山
進め難所は箱根山
鬼の出たとこ大江山
天狗の出たとこ鞍馬山
昔筑前 松浦の
加藤左ェ門繁氏の
忘れ形見の石童が
父を訪ねた高野山
俵藤太 秀里が
百足退治は 三上山
大阪落城のその時に
片桐木村の両将が
駒の別れが茶臼山
昔はヤクザでキョウカクの
吉良の仁吉や国定が
喧嘩で其の名をあげたのも

高神山や 赤城山
古今稀なる名力士
明治の時代は常陸山
大正太刀山 栃木山
昭和の御代になってから
双葉山には羽黒山
千代ノ山には吉葉山
山は付かねど名力士
玉錦には栃錦
若の花には大鵬よ
それにつづくは北の湖
それにつづくはホーホホイ
ハアー千代の富士ヨ
ハー ドスコイ

==

- スポンサーリンク -