鶴 夜を越えて 歌詞

歌手:鶴
作詞 : 秋野温
作曲 : 秋野温

発売日:2012/02/15

涙で明日が見えなくなる事があったっていいだろう
何にも無い 全てが悲しくなる夜があったっていいだろう
愛はどこかな

前を向いても 後ずさっても どちらにしろ行き止まり
それでも今は 立ち止まったら 消えてしまいそうだよ

透明の愛に赤いペンキをかけ
見えるようにして できることなら 抱いてみたいね

涙で明日が見えなくなる事があったっていいだろう
何にも無い 全てが悲しくなる夜があったっていいだろう
愛はどこかな

右も左も どこもかしこも バカみたいな嘘ばかり
悲しい事に それは私の この色眼鏡だよ

傾いた世界の空を青くしたい
とりあえず今 信じる事から 始めてみようかね

涙って誰かの為に流す事があるんだって思えそう
何でも無い 言葉が優しく 響いては何かを溶かすよ
愛はそこから

ひとつふたつと みっつよっつと いつつむっつと 扉を開けて
ななつやっつと ここのつとうと 数えきれない 夜を越えてく

涙があなたの為に流れたなら それは愛だろう
何にも無い 今ならあなたの為に何色にでも染まれるよ
愛があるから 愛があるから 愛はあるのだ

==

- スポンサーリンク -