秦基博 エンドロール 歌詞

歌手:秦基博
作詞:秦基博
作曲:秦基博
発売日:2012/02/08

シャーベット都会の雪は
すぐに溶けて消えてしまうんだ
あっけないラストシーン いつか君と歩いてた道
冷たく濁ってくアスファルトは後悔の色
僕にはただ一つ 小さな温もりも守れなかった

途切れた二人
ねぇ いつもなんで
僕はどうして肝心な事だけが言えないで
ねぇ 今になっても
それでずっとあの日のままで
君はいない 一人きりの街で
舞う雪を見ていた

悴む指先の感覚が薄れてくように
いつしか幸せは 当たり前の中に埋もれた
凍った喉の奥 白いため息の向こうで
ちらちら降り続く雪の影に君を探してしまう

抉れた痛み
ねぇ あの日なんで
君はどうして不自然なくらいに はしゃいでて
ねぇ 終わりだって
戻れないって きっとわかっていたの
僕はいない どこかで今
君もこの雪を見てるかな

なくした未来
ねぇ いつもなんで
僕はどうして 肝心なことだけが言えないで
ねぇ 会えなくて 忘れられなくて
ずっと歩いてゆくよ

誰もいない 白黒の世界
僕はただ君を思うよ

==

- スポンサーリンク -