安藤裕子 勘違い ( CD発売日2012/03/28 )


曲目リスト
1. 輝かしき日々
2. 飛翔
3. 地平線まで
4. エルロイ
5. 勘違い
6. 永すぎた日向で
7. (予定情報)他 全10曲収録予定
発売日 2012/03/28
内容紹介
初回限定封入特典■抽選応募券

【A賞】抽選で「安藤裕子LIVE TOUR 2012(仮)」4/30(月・祝)東京・国際フォーラムホールAと、5/5(土)大阪・オリックス劇場の各会場5名様ずつLIVE御招待&終演後楽屋御招待。
【B賞】サイン入り非売品ポスターを10名様にプレゼント。(応募締切2012/4/10 消印有効)

江國香織原作、真木よう子主演のNHKドラマ「カレ、夫、男友達」主題歌「輝かしき日々」をはじめ、大型タイアップソング3曲を収録した、丁寧に作り上げられた1年半ぶりのフルアルバム遂に完成!
各方面の賞賛を浴び、ミュージックマガジンJ-POP部門年間1位に選ばれた前作「JAPANESE POP」から一年半ぶりに発表される今作。
サウンド プロデューサーには前作同様、山本隆二とオランダのポップ・マエストロ、ベニー・シングスを起用。
出産を挟んで制作された今作は、前作までの安藤裕子の世界観を踏襲しつつも、最初の耳触りは、これまでの作品とは全く違う仕上がり。
暴力的ですらある、M1「勘違い」、砂原良徳のremix先行発売で話題になった M2「エルロイ」の原曲から幕を開け、
アイゴンの参加によって、よりロッキンな仕上がりのNHKドラマ主題歌でもあるM3「輝かしき日々」へ。
ベニー・シングスの手によるダンサンブル・ナンバーM4、そして男子目線の歌詞で爽やかに涙がこぼれるM5はポップ・マエストロの面目躍如、さすがの完成度。
スティーリー・ダンを彷彿させる3管のSAXがじんわりと効いているM6は、安藤裕子の音楽的片翼とも言える、ニュー・ミュージック/AOR。M7では再びアイゴンを迎え、
ルー・リードを思わせる強烈に切ないバラードを披露。
東武鉄道スペーシア・キャンペーンソングとして書き下ろされ、チャリティシングルとして先行発売されていたM8「地平線まで」は、ホルンと弦を加え、新たにレコーディングし直した別バージョン。
その静謐な世界から、宮部みゆき原作のフジテレビ系ドラマ「魔術はささやく」エンディングテーマとして書き下ろされた壮大なバラードM9「飛翔」への流れは圧巻。
この曲では、初顔合わせのおおはた雄一のギタープレイも聴くことが出来る。
そして、Great3の白根賢一が書き下ろしたM10は、初期の名曲「ドラマチックレコード」のような、暖かく、切なく、ほろりと涙が流れる仕上がり。
ラストを飾るM11は、力強い歌詞と一筋縄ではいかない不思議な展開、ツアーのバンドメンバーによる躍動感あふれる演奏で、
中盤以降の高揚感は、LIVEの定番「聖者の行進」を彷彿とさせるような仕上がりになっている。
幾重にも重なる声で、天に昇っていくような印象のアウトロは、アルバムのラストを飾るのにふさわしい、大きな大きな曲になっている。
様々なタイプの曲が詰まっているが、M1からM11まで一本筋の通った、何度もリピートしたくなる、素晴らしいアルバムに仕上がっている。

■「輝かしき日々」:NHKドラマ10「カレ、夫、男友達」主題歌
■「飛翔」:フジテレビスペシャルドラマ「魔術はささやく」エンディングテーマ
■「地平線まで」:東武鉄

==

- スポンサーリンク -