加藤ミリヤ 楽園

映画「Another アナザー」主題歌

加藤ミリヤ 楽園 歌詞 :
映画「Another アナザー」主題歌
発売日:2012 08 08
作詞 : Miliyah
作曲 : Miliyah
歌詞:
I AM HERE BABY
I I AM HERE
I AM HERE BABY
I I AM HERE

汗ばむ夜明け

クールに装 ったら

君と二人 誰も知らない世界へ

彼は楽園の住人

I will never die
抱きしめてくれるなら

厭なことすべて忘れられるの

大人は少し黙っててよね

思ってるほど子供じゃない

He’s right wow wow wow こんな夜に

考 え事はしたくはないわ

また頭 が痛くなりそうなの

君に触れれば安らげる

He’s right wow wow wow wow wow wow wow wow

君は少しこの窮屈 な

状況 を何だか楽しんでるみたい

「さぁこっちへおいで」と手招きするふいに

まるで赤ん坊を手なづけるように

君の息吹

世界は二人だけのために

愛の行方を知りたくなるの

楽園の入り口はここ wow

部屋の中をしずかに覗けば

私 が欲しかったものがわかる

もう始まってるかも知れない

I want to control 願うのに

判断出来る隙などないわ

能動的な2分間の SHOW

君を愛せばはなたれる

He loves me wow wow wow wow wow wow wow wow

2012年8月4日に全国ロードショー、角川映画と東宝が贈る新しいジャンルの学園ホラー映画『Another アナザー』の主題歌が、加藤ミリヤの新曲「楽園」に決定した。

映画「Another アナザー」は、2009年に発売され、「このミステリーがすごい!2010年度版」他数々の書籍ランキングで高順位を獲得、2012年1月よりアニメとしても放送され注目を集めた綾辻行人のホラー・ミステリー・サスペンス小説「Another」を原作として実写化された映画作品。

加藤ミリヤの新曲「楽園」は、この映画『Another アナザー』を実際に観たミリヤ本人により作詞・作曲された楽曲。
ミリヤは映画について「一言、本当に面白いです。ホラー映画でこんなに登場人物に感情移入して観られたのは初めての経験でした。結末に向かっていく時の興奮を『楽園』でさらに盛り上げられるように書きました。歌詞は映画を観てヒントを得て書いていきました。映画があまりにも素晴らしく私自身も映画を観たあとの興奮状態のまま自由に楽曲を作らせて頂けたことに感謝しています」と映画の仕上がりを絶賛。
実際に、加藤ミリヤが作詞にあたり劇中のセリフ「もう始まってるかも知れない」を映画主題歌として歌詞に反映させたのは今回が初とあり、この事実からも映画に対する想い入れの強さを窺い知ることが出来る。

映画『Another アナザー』の主演に抜擢されたのは、映画・ドラマの主演が続き大型新人と期待を集める山?賢人と、雑誌「SEVENTEEN」の専属モデルとして活躍、映画『告白』では鮮烈な印象を残し絶賛された橋本愛。
山?賢人は、転校してきた学校で不可解な事件に巻き込まれる少年・榊原恒一(さかきばらこういち)役、橋本愛は、物語の鍵を握る眼帯をした謎の美少女・見崎鳴(みさきめい)役。
両者共に映画界において注目される二人が、美しく謎に満ちた前代未聞の学園ホラーに挑戦する。

■映画「Another アナザー」
原作:綾辻行人「Another」(角川文庫)
公開日:2012年8月4日(土)〜全国ロードショー
監督:古澤健
脚本:田中幸子、古澤健
音楽:安川午朗
主題歌:加藤ミリヤ「楽園」(Sony Music Records)
キャスト:山崎賢人、橋本愛、袴田吉彦、加藤あい ほか

◆あらすじ
1998年、春。
15歳の榊原恒一は、大学教授である父親が海外へ行く間、母方の祖父母の住む山間の地方都市・夜見山市で暮らすこととなる。
転居早々、肺に持病を持つ恒一は発作を起こし倒れるが、担ぎ込まれた病院で幸いにして回復。
ある日、病院のエレベーターで制服を着た眼帯の美少女と出会う。
思わず見入ってしまうが、少女は不可解な言葉を残し消えてしまう。
そこは、地下2階霊安室のある場所だった――。

==

- スポンサーリンク -