なみだ 井上苑子

なみだ 井上苑子

なみだ 井上苑子


最高気温が何度だとか
今年は海にも行けないなだとか
話があると言ったあなたは
まだ目も合わせない

あなたが夢にまっすぐなことも
今はそれが一番だってことも
あたしはとっくに気づいてるよ
ねえ ねえ

愛と呼ぶにはまだ
あどけないから
会えないと恋は溶けちゃうの
どちらが悪いわけじゃない
でも あなたは「ごめん」と言うでしょう?

好きだけど 好きだから 好きなまま いて欲しい
あなたの目には 優しさが
こぼれそうになってると思う
大丈夫 あたしなら大丈夫って 笑うんだ
精一杯の背伸びをすれば あなたが
今すぐ走り出せるなら
この夏に閉じ込める
あたしの本当の気持ちを

愛と呼ぶにはまだ あどけないから
会えないと恋は溶けちゃうの
どちらが悪いわけじゃないから
どうしたらいいのか わからなかった

好きだけど 好きだから 好きなまま 思い出に
未来だなんて いつまでも
未来のままだと思ってた
去年の夏に 二人きりでした
線香花火のように 鮮やかで 儚くて
終わらないでと願う日々が 終わる

好きだけど 好きだから 好きなまま いて欲しい
「あのさ」と言った 口元が
何を堪えてるかわかるよ
大丈夫 あたしなら大丈夫って 笑うんだ
精一杯の背伸びをすれば あなたが
今すぐ走り出せるなら
この夏に閉じ込める
あたしの本当の気持ちを

大好きだったよ
大丈夫なんかじゃないよ
あなたについた最初で最後の嘘
夏の忘れもの

==

- スポンサーリンク -